NEWS

「それが最も美しいときに、辞めるべきだ」

Man soll aufhören, wenn es am Schönsten ist
「それが最も美しいときに、辞めるべきだ」
古くから伝わる、人生の知恵の言葉です。

2018年12月31日、Stählemühleは操業を停止しました。
新しい目標と使命に目を向け、Stählemühleは閉鎖されました。

クリストフ・ケラーは、ブランドもStählemühleのある場所も売りませんでした。

彼らは今まで通り、自身の必要性のために、また愛好家や研究者のために蒸留し続けるでしょう。
特に自身の生産物とR&Dプロジェクトから生まれた果実を使うことでしょう。
しかし、今後はこれらの蒸留物を買うことができません。営利企業は廃止されました。

2004年から、Stählemühleでは600種類以上の果物、
そして無数のハーブ、スパイス、野菜、キノコ、根、花、針葉樹などの植物を蒸留してきました。
ごく最近では、約260種類の異なる留出物を継続的に提供してきました。

国内外のコンペティションでほぼすべての賞を受賞しており、
製品は世界のトップレストランやバーで提供されてきました。

さらに、過去数年にわたり、フルーツとハーブの蒸留に関する120以上のセミナーを開催し、
2500人以上の参加者にフルーツブランデーの香り、味、認識そして評価を紹介しました。

また、数多くの蒸留家見習い、飲料技術の学生、および蒸留家を訓練しました。
そのうちの1人、日本の友人、江口宏志氏は現在、彼自身の蒸留所を開設しています。

ジンからコルン、アブサン、ウイスキー、ウォッカ、アクアヴィット、そしてもちろんフルーツ蒸留所の古典的なものまで
── 彼らは可能な限り最高のバージョンで、洗練され、成熟した、すべてのヨーロッパの蒸留酒を調べました。
これまでにない、あるいは少なくともこの形では存在しなかった多くの新しい蒸留酒を開発し、
加工や熟成においても技術革新を行いました。

最終的に、彼らは多くの注力、研究、骨の折れる説明、革新と精密なデザインを通して、
古い技術を復活させ、そして新たな注目を集めました。

クリストフが次に行うことはまだわかりません。
今回日本に入荷したものが、世界中でStählemühleを購入できる、最後の機会になります。